よくある質問

サービス内容

サービスの概要を教えてください。

日新火災のマンションドクター火災保険に付帯のサービスで、保険契約の対象であるマンションの防火対策に関するコンサルティングサービスを提供するものです。このサービスを適切に実施するために防火管理者業務を受託します。
詳細はこちら

具体的なサービス内容を教えてください。

具体的なサービス内容は次のとおりです。
1.ご契約時に実施するサービス
(1)防火管理状況の把握と消防設備状況の調査、定期巡回業務の準備
(2)所轄消防署への各種手続き書類の作成と届け出(消防計画および防火管理者選任等)

2.継続して行うサービス(以下のサービスおよびサービスに付随する関連業務)
(1)消防計画の作成、見直しおよび変更
(2)避難施設等の管理
(3)消火、通報および避難の訓練その他防火管理のために必要な訓練の実施
(4)消防用設備等の点検・整備の実施
(5)火気の使用等危険な行為の監督
(6)収容人員の適正な管理
(7)防火管理の業務に従事する者に対する指示および監督
(8)その他、防火管理者として行うべき業務
詳細はこちら

消防署の査察立会い・折衝はサービスに含まれますか?

サービスに含まれます。

定期巡回業務とはどのような業務ですか?

このサービスの最も重要な業務の一つです。基本的に月1回、専門スタッフがマンションの館内や敷地を回り、防火・防災の観点から不適切な点をチェックし、是正および改善すべき点を報告書によりコンサルティングします。

定期巡回業務は法定の消防設備点検のことですか?

法定の消防設備点検とは異なります。消防設備点検は『設備』の技術点検であり、消防法で年2回の実施が義務付けられています。具体的には、お部屋(専有部分)へ立ち入り、火災感知器やインターフォン・ベランダのハッチ(避難はしご)の点検を行います。
定期巡回業務は、防火管理者によるマンション建物内や敷地等の共用部分を中心に火災(放火)や避難の妨げを防止するための点検です。

消防訓練は必ずしなければならないのですか?

消防訓練はマンションの規模等によって年1~2回、消防法で定められた回数を確実に履行することが義務付けられています。また、法律の定めの有無にかかわらず、火災発生時に甚大な損害を被らないよう備えておくためにも、訓練は重要です。

消防計画の作成だけをお願いすることは可能ですか?

防火管理者受託型コンサルティングサービスですので、消防計画の作成のみのお引き受けは致しません。

よくある質問に戻る >

ページの先頭へ